アロマセラピーがきっかけです。


私はここ、きよせの森総合病院で働いて1年8ヶ月になりました。



この病院に来る前に、ワーキングホリデーでオーストラリアに1年間行っていました。



その1年間でオーストラリアを1周ラウンドしたり、語学学校に通ったりと楽しんでいたのですが、ラウンドから帰ってきてから、ふと何もする事が無かった時に出会ったのが、アロマセラピーでした。



アロマセラピーの学校に通い、いつしか学校のインターンまでしていて、そこで帰国したらアロマセラピーを活かした仕事をしよう!と思っていたのですが、なかなか良い物は無く。



結果としてまた、看護師の仕事をする事になったのですが、いざ病院を探そうにも、どこにしたらいいのか迷い、ナースバンクに登録しました。



そこでどんな病院、どんな看護がしたいのか聞かれ、以前はNICUでずっと働いていたので、またそんな所がいいのかなぁ、と漠然と考えていました。



でも、オーストラリアでアロマセラピーも勉強した事を話したら「アロマセラピーをやっている病院は結構あるんですよ。」と言われ、そこできよせの森総合病院を紹介されました。



最初は就職も迷いましたが(笑)、NICUで働いていた分、産科からどのようにNICUまで搬送されて行くかと言う興味と、更にはアロマセラピーを導入している事もあり、就職を決めました。



就職して3ヶ月程は仕事に慣れるのに精一杯でしたが、じきに慣れるとスタッフも皆さんも良い人達で、仲間も増え、本当にここに来て良かったと思います。



アロマセラピーの方は・・・今は何もしていませんが、アロマの香りに包まれて仕事ができるので、満足しています。



3階病棟・K