#クラミジア

今回は、クラミジアについてお話します。

女性は、男性に比べて自覚症状がないことが多いです。

 ・クラミジアって・・・

  生きた細胞に寄生する細菌です。しかも、寄生しやすい場所は性器粘膜が多いと言われています。

不妊になる可能性・・・

症状が軽いため、自覚を伴わない場合が多く、放置する期間が長く続くと、卵管がうまく卵を運べなくなり、不妊や子宮の中以外に妊娠をする可能性が高くなります。

 

・妊娠できても・・・

正常に妊娠したとしても、流産・早産になる可能性もあります。

 

・赤ちゃんにも影響が・・・

産まれてくる赤ちゃんは、眼や肺に炎症を起こしてしまう可能性もあります。

 

≪予防するには≫

症状がない事が多いので、、、

・これから妊娠を考えている方は、無症状のケースもあるため、心配でしたら、受診をお勧めします。

・妊娠中の方は、定期健診で、検査を行いますので、定期健診は忘れず受診して下さい。

f:id:kiyosenomori02:20190318151059p:plain

#自然分娩

ご妊娠された皆さんへ
これからの生活を想像して期待に胸を膨らませているかと思います。

 ところで、陣痛ってどんなものかご存知ですか?陣痛はただただ痛くて恐いものというイメージはありませんか?自然分娩や陣痛のイメージってなかなかわかないですよね。
 そもそも陣痛が痛くて嫌なものだったらなぜ長い進化の過程で抜け落ちなかったのでしょうか?さらに、産痛の苦痛を体験したにもかかわらず、再び次の出産に向かう意欲が生じるのはなぜなのでしょうか?ここで大切な役割を果たしているのが、β-エンドルフィンという体内モルヒネ様物質です。
 このβ-エンドルフィンは、分娩進行とともに放出され、出産という大きなストレスに備え痛みを緩和する働きがあります。さらにもう一つの重要な役目は、出産を終えた後の脳に多幸感と満足感を与えるということです。この作用のおかげで、あんなに大きな痛みを経験したにもかかわらず出産した後は今までにない笑顔で赤ちゃんを迎えることができ、いずれは次の子もまた欲しいと思えてくるのです。この2つの作用こそが、陣痛と他の痛み(手術やけがの痛み)とは全く別ものである所以です。
 しかも、ここでもう一つ重要なポイントがあります。出産をするうえで大事な役目を果たすβ-エンドルフィンは、実は自然分娩で最もたくさん出るんです。無痛分娩では、薬の使い方にもよりますが、出る量は半分以下になってしまいます。
 無痛分娩を否定しているのではなく、そもそも自然分娩って?陣痛って?そこにどんな意味があるのかをまずは皆さんに知って欲しいと思います。

産後ヨーガクラス始めました

#産後ヨーガクラス始めました。

担当はマタニティヨーガクラスと同じく、病棟助産師2名で運営しています。当院でご出産された方には、顔なじみのスタッフかもしれません。。。

産後は、育児に追われ、なかなか自分を
いたわる時間がとれず、疲れやストレス
がたまったり、体に不調がでたりする
ことがあるかと思います。体型の変化が
気になっている方もいるかもしれません。

産後ヨーガは、ママの心と体を元気に
する効果・パワーがたくさんあります。
お子さんと一緒の参加になりますので、
月齢の違うお子さんと触れ合えたり、
ママ同士の交流がもてたりリフレッシュにもなりますよ。


クラス後に参加者の方々とお 話する時間をもうけています。育児の悩み、不安なこと、などなど・・なんでも気軽にお話ししてくださいね。

 

リフレッシュ・リラックスに来ませんか?
皆さまのご参加を心よりお待ちしています。

申し込み方法は、アルテミスホームページをご覧ください。

f:id:kiyosenomori02:20190205110353j:plain

無痛分娩に至る前に陣痛が始まった⁉

#無痛分娩至る前に陣痛が⁉️

最近、アルテミスでもバースプランに無痛分娩を選択される方が増えてきています

ただ、無痛分娩は安全性の面から日勤帯のみに限られています🤨

無痛分娩の計画を立てていても、その前に陣痛が始まってしまう方もいます😯😦

先日も真夜中に陣痛が始まって、朝方に分娩に至ったAさんがいました🙋

覚悟を決めたAさんは、無事に自然分娩に至り、『痛みにたいして耐えられるか凄く心配して、無痛分娩を希望していたんです・・・でも、私、痛みに耐えられたんですね』と、後に話されていました🤗

Aさん、本当にお疲れさまでした🥰

私達はどんな時でも、皆さんに寄り添いお産を手助けします💮

 

 

 

 

#「母乳外来、子育て相談」から


以前に、「母乳が出てないんでは❔」との相談で来られた初めての子育てママさんがいました。 

―来院後、おっぱいを触ってみる。
細い乳腺だけどよく出ている。
表情を観る、肩を触って観る、背中を触って観る。話を聴く―

「泣いてばかりいて、寝てくれない。寝たと思って、寝かせると直ぐに泣いてしまい・・・」
「泣いてばかりいるので、一時間位飲ませている時もある・・・」👶
「1ヶ月健診では問題ないと言われた。」
「1ヶ月健診が終わり自宅に戻ってもう少しで2ヶ月になる。夫は仕事で朝6時30分には家を出て、帰りは9時10時になる。休みの日は何かと手伝ってくれる。買い物はまとめて買っている。それ以外は外に出ることが無くて、家で赤ちゃんといる」

―話を聴く―

―初めての子育てAさんから肩の力が取れてくる。涙が溢れ出す― 😢

―よく来てくれた❗
背中を撫でる、話を聴く。表情が和らぐ。自分の中の気持ちを吐き出す事って、大事なこと―

―夫は協力してくれるとはいえ、休みの日のみ―

✳️産後は、夫が休みを取って協力してくれるから二人で頑張るという計画の方がいます。しかし、実際は、あくまでも手伝い程度と考えている方が殆どなんです。しかも1週間程しかお休みも取れず・・・結局、24時間ママがメインの子育てになってしまうんですよね✳️

妊婦さんに伝えたい❗

アルテミス受診中に、助産師外来で自分の気持ちを伝えたり、ご主人にも自分の気持ちを伝えたり、地域の子育て情報にも目を向けたりして、今から『心の子育て準備』をして行きましょう。子育てを始める大変な時期に備える事はとっても大切なこ

とです。✨

 

そして、悩んでいるのはAさんだけではないんですよ~子育てママは大なり小なり悩みながら奮闘しています😅

そんなママちゃんの心に寄り添いをしたいと私達は思っています。

#緊急避妊ピルのお知らせ(看護部より)

 

 

 産科で働いている私達は、産む選択をされた方のケアをさせて頂いています。しかし、時には、経済的な理由等から産まない選択をせざるをえない方のケアもさせて頂く事があります。人工妊娠中絶の方です。その方法は心にも体にも影を落としますので、出来れば避妊方法を知っていてその手段を取っていればと、思います。

 

では、ここで産まない選択(避妊)をされる方へ、女性自身で選べる避妊方法について簡単に紹介したいと思います。

①ミレーナ・・・・・5年間の避妊効果(避妊率は高い)

経口避妊薬・・・毎日内服で避妊(避妊率は高い)

が有ります。いずれも産婦人科外来での診察が必要です。

③コンドーム・・・避妊率は低い

 

①②③の避妊方法を知っていても、間に合わなかった場合は

 

 

最終手段として

  ☟

72時間以内に服用の緊急避難薬が有ります(早ければ早いほど効果は高いです)

(アルテミスでは9:00~21:00迄対応しています)

 

産まない選択も産む選択も私達女性には有ります。

 

産科で働く私達は、産まない選択をした方に今後の避妊方法の相談になることで、支援をしていければと思います。 

 

カルタ大会

本日、院内で毎年恒例、医療安全員会主催のカルタ大会を開催しました。

毎年、各部署が手作りでカルタを作っています。

医療安全をもとに、様々な職種の方たちとの交流も含め毎年行っています。

f:id:kiyosenomori02:20190125131131j:plain

 

今年の景品はイチゴやお酒の飲み比べセット、ホテルのチョコレートなど準備しました!

f:id:kiyosenomori02:20190125130811j:plain

 

大盛況でした!

皆さんご参加ありがとうございました♡

 

f:id:kiyosenomori02:20190125132812j:plain